CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< ニッキー・ヒルトン | main | 2004's Scariest Halloween Costumes >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
The Grudge
サラ・ミシェル・ゲラー主演のアメリカ版『呪怨』。日本の『呪怨』は未見なので比較は出来ないけれど、これはちょっとどうかと思った。

おどろおどろしいムードを作ることには成功しているものの、物語の中身がスカスカ。カヤコが怨霊になった過程に深みが無いので、単に観客を驚かせるだけのお化け屋敷映画になっている。怪談(和製ホラー)の醍醐味は呪いの背景の説得力だと思う僕としては、どうにも物足りない。

肝心の恐怖シーンも、『リング』通過後の観客にとっては新鮮味が無いものが多い。あと、サラ以外の登場人物が犠牲になるシーンが続くので、彼女の出番が意外と少ないのも残念。一生懸命日本語をしゃべるサラはかわいいんだけど。。。

恐怖シーンが終わるごとに場内からは失笑が聞こた。ひょっとしたら日本人が『怪談異人幽霊』(大蔵映画)に感じるようなおかしさを一部のアメリカ人も感じたのかもしれない。異国人に呪われてもなあ、っていう。上映終了後は若干のブーイングも。雑誌や新聞からの評価も高くない。サラ人気+サム・ライミのネーム・ヴァリューでボックスオフィス初登場第一位は固いものの、ロングヒットは難しそう。

『リング』続編の予告編も上映されていたけど、このぶんだと日本ホラー・ブームは一過性のものに終わるとみた。

| アメリカ先物買い | 02:45 | comments(3) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| - | 02:45 | - | - |
コメント
アメリカ人たちがこの映画を「笑いながら怖がっている」のか「笑いながら失望している」のかよく分からない。ヤフーの一般レビューとかを読むと結構怖がっているみたいなんだけど。まあ日本人監督で低予算でこれだけヒットさせたのは誉めるべきだと思う。
| 一郎 | 2004/11/01 3:58 AM |
でも「リング」も台湾では観客が笑う笑うというので
話題になってましたし。
あの笑いの正体はなに?
| ロボウノイシ | 2004/11/02 4:43 AM |
『エンターテイメント・ウィークリー』誌(日経エンタメみたいな雑誌)が各新聞・雑誌の『グラッジ』レビューをまとめた平均評価も「C」なんですよ。これは今公開中の他の映画10本中下から二番目に低い評価。でもいまのところ大ヒット。
| 一郎 | 2004/11/03 4:59 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://insighter.jugem.cc/trackback/60
トラックバック
ハリウッド版「呪怨」がでヒット
ちょっと気になる記事が 日本のホラー映画「呪怨」を清水崇監督自らがリメイクした ...
| F-blog | 2004/10/26 10:29 PM |
[Movie] 笑われるジャパニーズ・ホラー
以前 Brits on TV で、『リング』日本版を観たロンドンの観客は大爆笑していたという記述を読み、ホンマかいなと思ったものだが、予想外のブーム「ジャパニーズ・ホラー」を読むと、どうやら英米人か ...
| YAMDAS現更新履歴 | 2004/11/01 1:40 AM |