CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
撤収
本日いよいよ帰国。ニューヨーク帰りの人の中にはよく「ニューヨークにエネルギーをもらってきた」っていう人がいるけれど、僕はもともとアメリカに憧れて来たわけではないので、ニューヨークも東京もあんまり変わらないなあと思う。まあ10代の頃に来ていれば印象もまた全然違ったんだろうけど。

日本文化は海外から「クール」と評価されている、という記事を多く見かけるようになったていので、インサイター@NYではそういう情報をいろいろ書くつもりだった。でも日本で報じられているほどには日本文化がアメリカで受けているという印象は持てなかった。寿司は大ブームだしトヨタは凄いしソニーは相変わらず人気だけど、新聞は毎日中国の記事ばかりだしイチローや松井より中国人NBAプレーヤーのヤオのほうが遥かに人気がある。セックス&ザ・シティでは相変わらず日本人ビジネスマンが金髪を金で買おうとする役で登場する。ようするに日本のイメージは80年代からほとんど進化しないまま、興味は既に中国に移っているっていう感じ。日本でジャパニーズ・クールという言葉が使われるきっかけになった論文 Japan's Gross National Cool を書いたダグラス・マッグレイが、実は日本のポップ・カルチャーにそれほど思い入れの無い普通のジャーナリストであることも知った。彼にとってはジャパニーズ・クールは一過性のネタだったんだと思う。

そんなわけでモチベーションが特にあがらず、ニューヨーク滞在中はたいした更新が出来なくて申し訳ない。それもこれもみんなJUGEMが重いせいにしておこう。じゃ。
| 近況報告 | 20:57 | comments(3) | trackbacks(4) |
YOU'VE GOT EVERYTHING NOW
YOU'VE GOT EVERYTHING NOW / THE SMITHS

As merry as the days were long
I was right and you were wrong
Back at the old grey school
I would win and you would lose

But you've got everything now
You've got everything now
And what a terrible mess I've made of my life
Oh, what a mess I've made of my life

No, I've never had a job
Because I've never wanted one
I've seen you smile
But I've never really heard you laugh
So who is rich and who is poor ?
I cannot say ... oh

You are your mother's only son
And you're a desperate one
But I don't want a lover
I just want to be seen ... oh ... in the back of your car

A friendship sadly lost ?
Well this is true ... and yet, it's false
But did I ever tell you, by the way ?
I never did like your face

But you've got everything now
You've got everything now
And what a terrible mess I've made of my life
Oh, what a mess I've made of my life

No, I've never had a job
Because I'm too shy
I've seen you smile
But I've never really heard you laugh
So who is rich and who is poor ?
I cannot say ... oh

You are your mother's only son
And you're a desperate one
But I don't want a lover
I just want to be tied ... oh ... to the back of your car
To the back of your car
To the back of your car
To the back of your car
To the back of your car
To the back of your car
Oh ...


最近いろんなところで「ニート(Not in Employment, Education or Training)」が話題になっているけれど、ニートといえば僕はスミスの YOU'VE GOT EVERYTHING NOW という曲を思い出す。歌詞を読んでおわかりの通り、これは20年早かったニートのテーマ・ソングだ。

僕は生来の怠け者なので、学生の頃は働きたくないと思っていたし、人付き合いは面倒くさいと思っていたし、忙しそうに働いているサラリーマンが幸せには見えなかった。ニート予備軍だ。だからスミスのこの曲の歌詞にはえらく共感した。そんな自分がいつの間にか中堅サラリーマンだ。こんな曲が好きだったくせに、今でも好きなくせに、オフィスでもっともらしく後輩に仕事のアドバイスとかしちゃったりしてるわけ。「分析は正しいんだけどアイディアがないんだよね」とか真顔で言ったりしてるわけ。今年なんて上司にクリスマス・カードとか送っているわけ。もうほとんどサラリーマン・プレイだね。病みつき。お金ももらえるし、ニートにならなくて良かった。

あの頃スミスおよびモリッシーを聴いていた人は全員ニート予備軍だったはずなんだけど、みなさん今頃どんな生活を送っているんだろう。ニートになっている人もそうでない人も、メリー・クリスマス。
| 近況報告 | 17:14 | comments(111) | trackbacks(1) |
近況報告
■今週月曜日は新生MoMA(ニューヨーク近代美術館)のオープニング・パーティーに参加。MoMAといえばジョン・ヒューズの『フェリスはある朝突然に』(1986)で高校生役のマシュー・ブロデリック達がアートを見てオセンチになったシーンを思い出す(注:あれはMoMAではなくシカゴの美術館でした)。当時の入場料は12ドル。広く快適になったとはいえ、20ドルという高額な新規入場料の評判はすこぶる悪い。

■昨日の感謝祭はメーシーズのパレードを見た後に久しぶりにネオコン先生に会い、ブロードウェイのレストランでターキーをご馳走してもらう。小津安二郎が好きな彼に小津評論本を与えたら大げさに喜んでいた。ついでに手塚治虫の『火の鳥 黎明篇』英語版をプレゼントしてマンガ文化の洗脳を始める。食事中、人口が減少に転じる日本は中国の躍進にどう対応するつもりなのかと迫られ、返答に困った。
| 近況報告 | 00:29 | comments(10) | trackbacks(7) |
YOSHINOYA
ニューヨークの吉野家はかなり不味かった。肉が厚くて固いし、味付けも日本の吉野家とは違う。
| 近況報告 | 22:45 | comments(5) | trackbacks(0) |
同感
「僕は傾向的、性格的に外国語の習得には決して向いてないし、とくに年を取れば取るほど、その「向いてなさ」が自分の中でより顕著になってきたような気がする。最近では「もう駄目だな。これ以上真剣に語学はできないな」とあらためて思うようになった。というか、自分の中における外国語習得の優先順位が年月の経過とともにどんどん低下しているのである。
 そのいちばん大きな理由はやはり、語学の勉強に割くための時間が惜しくなってきたことだとう。(中略)僕みたいに苦労しないと何も身につかない人間は、年をとってくるとかなり苦しい。だいたい何ヶ国語でコミュニケーションしたところで、僕という人間が他人に伝えられることは所詮限られているじゃないかという思いも出てくる。」

村上春樹『やがて哀しき外国語』
| 近況報告 | 15:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
短信

■ネオコン思想に触れてしまい、ガイジンは怖いということが分かったので、サイトのタイトルを「ガイジンなんて怖くない!」から「ガイジンだってみんなルイ・ヴィトン持ってるじゃん」に変更することにした。

■ニューヨークは東京並みにヴィトン所有者が多い。「中産階級のくせにヴィトンを持つのは日本人だけ」っていうのは誰が言い出したんだろう。

■『華氏911』のDVDが爆発的に売れているらしく、一説によると一週間で200万枚売れたんだとか。

■タイムズスクエアのヴァージン・メガストアに立ち寄ったけど、ウタダのCDは発見出来ず。今度店員に聞いてみる。
| 近況報告 | 00:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |